住宅トレンド情報

失敗しないキッチン選び【LIXIL No.1】

宜野湾市にあるリクシルショールームでは、玄関ドア・サッシ・室内ドア・キッチン・トイレ・バス・エコカラット・エクステリア・タイルなどあらゆる商品を実際に見て触って確認することができます。

リクシルショールーム

案内して頂いたのは、担当の宜野座さん。
主婦の目線で案内して頂きました!

リシェルSI

先ずは高級感・重厚感のあるキッチンから。
リクシルショールーム201704

こちらのキッチン特徴は「天板」です。通常は、ステンレスや人工大理石が利用されていますが、こちらはセラミックで焼き物になります。

ステンレスや人工大理石に直接置くと、変色や膨張などの可能性がありますが、こちらのリシェルSIは熱い鍋を直接置いても問題なしです!!
リクシルショールーム201704

ちょっとした事ですが、料理をしている時に、パッと鍋を置いて次の事をしたいと思うこと多いですよね。そんな時に鍋敷きなしで横に鍋を置くことができる、鍋敷きが必要ないって主婦にとっては嬉しいんじゃないでしょうか?

あと、傷がつきにくいのも特徴です。冬瓜やスイカなどまな板置いてもゴロゴロして切りにくかった大きめの食材も、天板に直接置いて切ることもできます。

らくパッと収納

シンク下の収納、斜めに傾く扉がすごく便利です。普段よく使うキッチングッズをパッと出入することができます。キッチンに立っている時すごく便利ですよ。手が空かない時など腰で閉めたり便利です (あっ!お行儀わるいかなぁ笑)

取材スタッフ:主婦目線の意見、結構嬉しいです!!

調理スペースを少し小さくしてシンクの横にちょっとしたスペースを取る事も可能です。

コンロとシンクの間(調理スペース)が広すぎると調理中歩数が増えるので、毎日使うとなると負担になる場合もあります。そこで、調理スペースを適度な寸法に抑え、シンク横にスペースを作る事で調理動作のムダを省くこともできます。

キッチンの大きさは基本15cm単位で合わすことが可能です。(1cm単位でできることもありますので、お尋ねください。)

お客様の要望や使い方を聞きながらアドバイス・ご提案をしています。

標準タイプのキッチン

続いて、標準タイプのキッチンへ…

先程のキッチン(リシェルSI)とシンク下収納の奥行きが違います。
シンク下の配管が通っている分、奥行きを小さめに、また素材を変るなどコストを抑えています。お手頃にご購入できるようなシステムキッチンとなっています。

レンジフード

取材スタッフ:おぉぉぉ、だいぶ薄くスッキリしたレンジフードですね。

リクシルショールーム201704

整流板が付いているのでお掃除しやすくなっています。標準タイプはフィルターのお手入れは月1回程度、ファンのお手入れも年1回程度で大丈夫です。
整流板とは?空気の流れを整え、調理で発生する煙を集めやすくする板状のものです。吸い口をあえて狭くすることで油煙を吸い込む風を加速させます。

今はさらにお手入れの楽なレンジフードもありますので、それをご紹介しますね。

オススメ高速回転フード(オプション)

リクシルショールーム201704リクシルショールーム201704

高速回転するディスクが煙の中の油をしっかりキャッチして、油を横に飛ばします。油はオイルトレーに集まります。
整流板は大きいお皿を洗う感覚で簡単にお手入れができます。こちらで油をカットするので、上のファンのお手入れはほとんど必要ないですよ。オプションですので、金額的には2倍となりますが、掃除をしないといけない!というストレスから開放される点は、主婦にとって大きなプラス要素ではないでしょうか?

その他、コンロを点火すると連動してランプ・ファンがつきます。消すと電気が消えてファンも3分後に消えます。
リクシルショールーム201704

キッチンのグレードはいくつかありますが、オプションなどの割り振りも使い易さには重要なので、私たちはそこをお客さまと一緒に考えていきます。

主婦は好きな色・物、センスがあるものを見ていると気分が上がるので、お掃除など家事をしている間も好きなものを入れると全然気分が違うと思います。頑丈なだけでなく、使い勝手や可愛さ好みなど全部入れて考えて欲しいですね。毎日使うものだから…。

ハンズフリー水栓

手をかざすと自動で水が出ます。浄水器付きタイプもあるんですよ!
リクシルショールーム201704
例えばハンバーグをこねて手が汚れている時、油の付いた手で、お水を出して、油の付いた蛇口を洗う。どうにかならないのかなぁと思っている主婦は多いのではないでしょうか。

実はこの水栓、センサーがついているので、手をかざすだけで水が出るんですよ!!!

トイレについているセンサーと一緒と思われがちですが、そのセンサーでは、お玉や透明なガラスやコップお皿などは反応しないんです。キッチンは色んなグッズがありますので、そういったグッズで反応するように、また、ある程度の高さで反応するようになっています。
水の流し放しはありませんのでご安心ください。

Wサポートシンク

調理と後片付けをダブルでサポートする「Wサポートシンク」には2種類のプレートが標準装備。
切った・茹でた野菜を水切りプレートに置く。ボウル代わりにプレートで水切り。食器なども水切りスペースへ。
効率よく料理ができます!
リクシルショールーム201704

失敗しないキッチン選びのポイント①

建築会社の標準装備というだけで、カタログだけを見て雰囲気的にこっちが良いからと決めてしまうと、実際に使ってみて「ココを小さくしたら良かった」「スペースがもっと欲しかった」となる場合があります。ですので、是非ショールームに何回か通って、どう使いたいか、今使っているものと比べてどうかなど、スタッフに相談されることをお勧めします。

ちなみにショールームでは直接販売セールスは行っていません。
何かを決めたいとお考えでしたら、ご予約してコーディネーターを付ければ、細かい相談も可能です。逆に自分で自由に見たい!ということももちろん可能ですので、お気軽にお越し頂ければと思います。

取材スタッフ:イロイロ種類があって選ぶの大変そうですね!
予算と何を入れたいか、何が妥協できないかを絞ることが大切。

最初でだいたい決めておかないと、凄く迷ってしまい何回も変更変更で時間が掛かることもあります。ご自分も疲れちゃいますし、また商品を見ちゃうと欲しくなって…でも予算がない。というスパイラルに、ご自身も苦しむと思うんです。ですので、ある程度予算を決めてという方がスッキリ決められるかと思います。

「毎日使うものだから」チョット予算を上げてでも良い物を入れてもいい。と余裕を持つというのも良いと思いますよ。

リクシル取材No.2へ続く…

LIXILホームページ 

LIXILショールーム沖縄 

【住所】沖縄県宜野湾市字大謝名237-5
【お電話で予約】0570-783-553(ナビダイヤル)※沖縄エリアのショールーム代表電話
【営業時間】午前10時〜午後5時
【休館日】毎週水曜日(祝日の場合は営業)・夏期・年末年始

関連記事

  1. ゼロエネ住宅のイメージ画像 ゼロエネ住宅

ピックアップ記事

  1. 主婦のミカタそうだ家を建てよう
  2. モーゲージサービス山内さん
PAGE TOP