コラム

知って得する「住宅瑕疵(かし)担保保険」

せっかく夢と希望をもって建てた家。
しかし数年経って、雨漏りや家の傾きなどの欠陥が出るケースもないわけではありません。

本来、住宅事業者は欠陥(瑕疵)が見つかった場合、無料で直さなければいけません。
※保証対象は、住宅の構造耐力上必要な部分と、雨水の侵入防止。

近年ニュースやワイドショーなどで度々クローズアップされていましたが、
欠陥が見つかって建築業者に相談しようと思ったら、
その業者が倒産しててどうにもならず、結局は住民の方が更にお金を出して修理…というパターンでした。

そこで平成21年10月にできた新しい法律が、事業者に資金確保を義務付ける「住宅瑕疵担保履行法」です。

住宅事業者は「住宅瑕疵担保保険」に加入し、保証金を預けることで万が一、倒産した場合でも家の欠陥を直す費用を確保することが義務付けられました。
この法律は、新築住宅を引き渡す「建設業者」や「宅健業者」という住宅事業者が対象です。住宅を建てる側が入る保険ではありません。

欠陥(瑕疵)が見つかったら、業者がこの保険金で欠陥を直します。もし、業者が倒産していた場合は、住民の方に支払われるので安心です。

住宅瑕疵保険とは

住宅瑕疵保険は、国土交通大臣から指定された住宅専門の保険会社です。
住宅の建築中から厳しい審査の上、保険に入ることができます。
逆に言えば、欠陥のあるような住宅は住宅瑕疵保険に入れないので、入っている業者は「安心」という太鼓判を押された物件ということです。

契約予定されている業者が住宅瑕疵保険に入っているかどうか、保険の内容などは是非確認してくださいね。

ピックアップ記事

  1. 主婦のミカタそうだ家を建てよう
  2. モーゲージサービス山内さん
PAGE TOP