準備・計画

マイホームが欲しい!まずは何から?

マイホームが欲しい!まずは何から?

1番は予算!!

毎月固定費で払っている家賃があって、ローンが家賃の金額で支払いできるなら一番いいパターンです。

しかし全員が同じ支払いをできるかというと、そうではなく支払い方法も十人十色です。

例えば、5万円の家賃が家を建てるにあたり、返済が10万になるとする場合、
上乗せの5万円の支払いをどうするか?できるのか?
自分が毎月出せる金額がいくらなのかをキチンと把握することが大事です。

また、アパート併用(収入物件)ならば手持ちがなくてできるだろうと思われがちですが、
多額の費用が掛かるため、立地や収支計画がOKでもその人の「信用度」が重要ポイントとなる場合があります。銀行との繋がりはある程度あったほうがいいです。

銀行との信用関係も重要

銀行はいくら私にお金を貸してくれるのだろうか?気になりますよね?
銀行に行けば、ローンシュミレーションで把握することも可能です。
例えば、借金額に対して返済がいくらかを把握することができますし、
逆に、10万円を毎月支払うことができるなら、いくら借りれるか?ということもわかります。もちろん、ボーナス払いの有無も設定して試算することもできますので、
銀行でローンシュミレーションを相談してみてはいかがでしょうか?

例えば土地と建物を求めると考えた場合、2,000万円の借入では厳しいですが、
1.両親の土地に家を建てる
2.兄弟で土地を購入することで負担額を減らす
という考えもあります

返済能力→銀行信頼関係→借入額→返済額

仮に5,000万円まで借入が可能な場合
二世帯住宅を建てたいとして、建物に最低でも2,500万〜3,000万円の費用が掛かります。
残りの2,000万円でどう土地を探すのか。
土地を1,000万円で探すのか、2,000万円で探すのかを考えていきます。
その他擁壁など別途費用が掛かる場合のことも頭に入れ余裕をもっておくべきです。

関連記事

  1. 主婦のミカタ_どれくらいの期間でできる 家はどれくらいの期間で建てられる?
  2. 賃貸暮らしと住宅購入のメリット・デメリットは?マイホームの必要性を再確認のイメージ画像 賃貸暮らしと住宅購入のメリット・デメリットは?マイホームの必要性…
  3. 完成見学会は「聞きに行こう」
  4. 「坪単価」のからくり
  5. これは知って欲しい!完成見学会を見る時のポイントのイメージ画像 これは知って欲しい!完成見学会を見る時のポイント
  6. マイホームが欲しい!まずは何から?のイメージ画像 注文住宅を購入する場合の重要ポイント!
  7. 主婦のミカタ 設計はどこに相談したらいい?
  8. 主婦のミカタ_家づくりを依頼する時の注意事項 家づくりを依頼する時に注意すること

ピックアップ記事

  1. 主婦のミカタそうだ家を建てよう
  2. モーゲージサービス山内さん
PAGE TOP